洗車方法

カーケアのプロ直伝!洗車場でもできる正しい洗車方法、洗車用品の選び方。

カーケア情報満載のフィット画像   サイトマップ | お問い合わせ
洗車 コーティング 自動車ガラス 車修理 カーケア情報満載のフィット カーフィルム 建築/防犯フィルム ドレスアップ カー用品
洗車
関連サービス

ホーム > 洗車 > 洗車方法 >


洗車方法

洗車方法の画像洗車は自分でやる。
そういう方に特別にフィットの洗車をお見せいたします。間違った洗車はかえって愛車にダメージを与えてしまいます。このページで正しい洗車方法をマスターして洗車上手になりましょう。

洗車がグッと楽になるコーティングはこちら

※このページはフィットスタッフが長年の経験から考え出した洗車方法です。ネット上で洗車方法を公開している洗車好きの方で、その方法は違うと言う方がいらしたとしてもメールなどは送らないでください。あくまでもフィットスタッフがお勧めしている洗車方法ですので・・・


洗車に適した場所、気候、条件

場所:ガレージなど、砂埃が無く、太陽光のあたらない場所がベスト。
一般的にはこういった場所は無いと思いますので、最低でも風がなく太陽の光のあたらないところで作業してください。太陽の光はボディーを熱してしまい、シャンプーなどの渇きを早くしてしまいます。風は砂埃などがボディーに付着しそれがセームなどで引きずられ傷をつけてしまいます。

自分で洗車をする方ならあたりまえのことですよね・・・


気候:早朝、夕方などボディの温度が低い時(体温以下)

条件:時間に追われていないときがいいでしょう。
時間切れで水を拭き取ることができなかったりすると最悪ですので。

洗車に必要な道具

フィットがお勧めする洗車用品はフィットの通販ショップでも販売しております。
プロも愛用の洗車用品をご紹介
洗車用特大セーム ホイールクリーナー(鉄粉除去)

カーシャンプー:弱アルカリ性で研磨剤を含まないもの。その他、増粘剤、香料があまり含まれていないベーシックなタイプ。一番廉価なものでOK!ポリマー加工車でも特に気にすることはありません。弊社販売のシャンプーは消泡タイプ(泡にならない)でお勧めです。コーティング車輌にはリンス剤との併用がGOOD!カーショップで売っている一番安いシャンプーでも充分です。余計な効果=余分な成分!綺麗に洗えればいいんです!

スポンジ2個:あの有名?なひょうたん形の洗車用スポンジです。新品より多少使い古したものの方がやわらかくて塗装に傷をつけにくいので、ひとつ購入したら長く大切に使いましょう。ちなみにフィットで使用しているスポンジはかれこれ2年近く使っています。洗車台数は数百台以上・・・

合成セーム皮:これも有名ですね。本物のセーム皮は使わないほうがいいでしょう。あのカラフルな合成セーム皮のほうが柔らかいので塗装にやさしく、しかも吸水性に優れているので洗車には向いています。そして何より本皮より安い。

仕上げ用クロス:極細繊維のクロスが最適です。カーショップでも「仕上げ用クロス」とか「WAX拭き取り用クロス」などと言って売られています。お風呂で使うタオルなどは使用しないようにしましょう。

後は洗車の環境に応じてバケツやホース、大きな車の方は脚立などをご用意ください。

いよいよ洗車方法のご紹介です。

日のあたらない場所に車を止め、ボディーを良く冷ましてください。ボディーが冷えたら洗車開始です。(目安は体温以下)
  1. ボディーの埃落し
    ホースや高圧洗浄機の使用ができる人はそれらを使って水圧のみで車の高いところから順番に汚れを落とします。タイヤハウスの汚れも水を掛けて落としましょう。バケツを使っての洗車の人は何度もバケツの水を掛けて落とせる限り埃を落とします。

  2. シャンプー洗車
    水圧で汚れを落としたらボディーが乾かないうちにシャンプー液で汚れを落とします。
    高いところから低いところへ。1パネル洗ったら水でシャンプーを洗い流しながら全体を洗っていきます。


    POINT-1
    スポンジの動かし方は直線的に一定方向に向けて。(往復させてない事!)
    スポンジは力を加えず、ボディーの上を滑らせるように。スポンジで汚れをすくい取るようなイメージで。汚れが落ちなくても同じ場所を何度もこすらないように。(残った汚れは後で再度落とします)


    POINT-2
    スポンジは、こまめに交換。汚れたスポンジはすぐに交換またはシャンプー剤の中で良く汚れを落して下さい。

  3. 細かい部分の汚れ落し
    ボディー全体を洗ってシャンプーを良く洗い流したら、細かい部分を再度洗いなおします。
    ・エンブレムの周り
    ・ドアミラーの下側
    ・トランク、ドア、給油口をあけた時に見える部分(普段見えない部分なので綺麗にしても見た目は変わりませんがココが綺麗だと気分がいいですよね。)
    ・ホイル、タイヤ

    エンブレム周りでしつこい汚れがあるときはスポンジでは洗いきれないので、毛先の柔らかい歯ブラシなどを使用してもいいでしょう。


  4. 拭き取り
    シャンプーを良く洗い流したら合成セーム側で水気を拭き取ります。
    ゴシゴシと擦る必要はありません。さっと拭き取る感じで良いです。ドアやトランク、給油口を開けて内側の水気も拭き取りましょう。
    何度かドアを開け閉めすると中に入った水が出てくるので拭き取りましょう。


  5. 仕上げ(乾拭き)
    水気を拭き取ったら仕上げ用クロスで乾拭きをします。
    これは塗装表面に残った水道水のカルキや不純物を拭き取る作業です。力強く拭く必要はありません。軽くなでるような感じでOKです。
    【注意】砂埃に注意して下さい!傷の原因になります。


  6. 窓拭き、タイヤ艶だし
    窓を車内側車外側共に拭きます。そしてタイヤWAXを塗りましょう。完成です




ホーム会社概要特定商取引法お問い合わせ・予約状況
048-952-6584   定休日:月曜日 第1・第3火曜日
クレジットカードも使用可能
QRコード
株式会社フィット 埼玉県三郷市笹塚30 電話:048-952-6584 営業時間:10:00〜19:00(火〜金) 9:00〜18:00(土日祝日) 

カーケア情報満載のフィット Copyright © 1999-2007 fit corporation(info@fit-net.co.jp). All rights reserved.